中山陵観光地:南京地下鉄2号線で苜蓿園駅或いは下馬坊駅に降り、観光地の観光バスを乗り換えて、又は観光地へ歩いて行きます;南京バス34号に乗って直接的に中山陵駐車場へ行って、その後は観光地の観光バスを乗って、或いは歩いて中山陵へ行きます。
明孝陵観光地:南京地下鉄2号線で苜蓿園駅に降り、観光地の観光バスを乗り換えて、或いは観光地へ歩いて行きます;或いは南京バス20号、315号に乗って観光地へ行きます。
霊谷観光地:南京地下鉄2号線で鐘霊街駅に降り、観光地へ歩いていきます;或いは南京バス202号を乗って直接観光地へ行きます。
紫嵐里街区--場所:中山陵駐車場
深松居野菜館--場所:霊谷観光地内
野菜、素麺:
美齢宮--位置:明孝陵博物館の東に位置しています
コーヒー、デザート
お土産の購入:
鐘山雨花茶
明孝陵縫ぐるみ
美齢宮文化創意シリーズ
購入場所:
鐘山文化創意フラッグショップ(中山陵博愛広場)
明孝陵博物館文化スーパー(明孝陵博物館1階)
美齢宮文化創意店(美齢宮2階)
ホテル:
南京国際会議ホテル
http://www.nic-hotel.com/en/index.html

中山陵の開放時間は毎日8:30から17:30まで(17:00入園停止)

毎週月曜日にメンテナンスをして閉園となります;孫中山の誕生日、逝去記念日及び中国の法律上の主要祝日になると、その後の月曜日は通常にオープニングします。

中山陵は孫中山の墓であり、民国建築に一番代表的な作品です。周りには音楽台、 流徽榭、蔵経楼など多くの付属記念建築があります。
世界文化遺産の明孝陵は、明朝の開国皇帝朱元璋と皇后馬氏の合葬墓であり、新たな明・清王朝の皇帝墓の規制を創り出しました。石象路、梅花山、紫霞湖などの観光地はいちいち観賞する暇もありません。

観光地では、六朝時代から造り出した古い寺の霊谷寺、梁朝名僧の宝志の墓塔、明朝の万工池、中国では現にある規模最大の無梁殿、民国建築の霊谷塔、松風閣など名所旧跡があり、譚延ガイ、トウ演達など民国名人の墓があります。

1931年から1934年まで、中山観光地内の明孝陵の四方城から東へ約200メートルの赤い山の上で美齢宮が建てられました。美齢宮はの主体は三階の重檐歇山頂式の建物であり、緑色のかわらと赤色の柱、彫刻のある梁とカラフルな色で描く楼閣、反る高い軒をもつエレガントで華やか宮殿です。

音楽台は中山陵の付属建築であり、中西建築の特徴を有し、古代ギリシャ建築と中国江南の古典園林を組み合わせた表現形式をもとに、自然と建築の完璧な調和を達成することができました。

  • 雨花茶

    雨花茶(うかちゃ)の見た目は綺麗で、松の針のような外形をして、きつくて細く、丸くてストレートで、先端は柔くてタイトで、やや白毫が付いて、色つやは潤い緑色をしています;茶の湯は透明感のある新鮮で甘い味で、長時間残る上品的な香りをして、茶葉の色は甘くて均一であるという品質の特徴をもっています。非常に創造性を持つ「松針の形」をする雨花茶は人にとってはとても印象的です。鐘山の茶は清朝の江南茶専門店から始まり、伝統を継ぎながら革新もして、お茶を培植する行間に梅花を植え付けます。お茶の商人は巧みな工夫をしてから、雨花茶は独特の味をしています。
  • 霊谷寺

    霊谷寺(れいこくじ)は中山陵の東に位置して、天監十三年(514年)から南朝の梁武帝によって有名な僧侶の宝志を記念するために「開善精舎」が建てられて、最初は開善寺と言います。明の始祖朱元璋氏はそれを「霊谷禅寺」と名づけて、「天下第一禅林」と公布して、明朝仏教の三つの寺院の一つとなります。『金陵梵刹志』では、霊谷寺は大報恩寺、天界寺と並べて大刹と収録されました。

明孝陵の桜園には、観桜亭、翡翠風亭、友誼長廊、臙脂雪亭、芳菲月亭及び友誼劇場など多くの古典ガーデン建築が分布しています。毎年3月から4月まで桜が満開している時、大きな桜ツリーの上に桜が咲いて、空に舞い踊る白い桜はまるで雪のように降りまして、これらの古くて優雅な建築はその中に隠して心がうっとりします。